抜けた歯の治療

子供の歯磨き

抜けた歯の治療となるとブリッジや入れ歯などがあります。
歯が抜けたままだと、抜けた歯のところにプラークがたまりやすくなり虫歯や歯周病の原因ともなりますのでそのままにしておかず治療をすることが最適になります。
しかし、ブリッジは抜けた歯の両隣の歯を少し削らなければならないですし、入れ歯となると常につけておくことはできず、取り外して洗浄をしなければならないなど手間がかかります。
噛み合わせに関しても弱いので、ものもしかっかりとはよくかめなくなります。
そこで、最近の抜けた歯の治療方法として注目されているのがインプラントです。
抜けた歯のところに穴を開けて歯根をとりつけます。
それをしっかりと顎の骨と固定させ、その上に人口の歯をとりつける治療方法になります。
他の治療方法と比べると、入れ歯と違いしっかりと固定されているので取り外しの必要がなく、噛み合わせもしっかりとしていて天然の歯とかむ力が違わないほどです。

治療の注意点

インプラント治療の注意点は矯正歯科で行うことができるのですが、他の治療方法と比べると治療に時間と費用がかかってしまうことです。
まずは治療開始にあたり歯科医師に治療についての説明や質問相談をしますが、費用についての説明も受けます。
そして、歯のレントゲン写真を撮影します。
この治療方法は、顎の骨に歯根をしっかりと固定する治療法になります。
特に失った歯が上顎の歯である場合、上顎の骨は薄い所などがあるので、骨が少ないと神経に到達してしまうこともあるので、骨が少ない場合は骨を増やす治療からはじまります。
しっかりと骨ができてから歯根をとりつけます。
一本当たりの治療費ですが、安くても20万円前後から費用がかかります。
歯がほとんど抜けていてとなると、150万円から数百万円かかることもありますので、費用とよく相談して行う治療になります。
治療後も定期的にメンテナンスのために通院が必要です。
天然の歯と遜色ない治療になります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031